除毛クリームの使い方

2015-03-21_231715除毛クリーム使い方と場所ですが主に、脇(ワキ)、腕(ウデ)、足(アシ)への使用が一般的ですが製品により、適用部位が明記されていますので良く確認し使用してください。

また、“医薬部外品”だからといっても化粧品と同様に、肌に合わない場合や、肌が弱い場合には肌荒れを起こす可能性があるので、注意してくださいね。

もし肌に異常を感じたら、すぐに使用をやめましょう。無理に使用を続ける事で、肌が赤く腫れあがったりしてしまったら、元も子もありません。

除毛クリームは、Vゾーンに使っても良い?

除毛クリームはカミソリが届きにくかったり、サロンなどで他人に処理を任せにくかったりするデリケートな部分まで使用する事の出来るのがすばらしい点です。ですが、Vゾーン等の非常にデリケートな部分に使う場合は十分に注意してください。

除毛クリームはアルカリ性の成分が入っている事がほとんどです。ですから、日頃からアルカリ性の成分に肌が弱い方は使用しない方が無難です!

普段肌荒れしない方でも、面倒くさがらずにパッチテストを行うことで肌に合うかどうかを確かめてから使用してくださいね。もし、パッチテストを行った部分が肌荒れになってしまったら、その除毛クリームをVゾーン、Oライン、Iラインへの使用することは避けてください。

また、除毛クリームは伸ばしやすいという利点があるために、間違って他の部位に付いてしまう事があります。Vゾーン、Oライン、Iラインへの使用をしたい場合は、各部位への使用が想定されている製品を使う事。

それから、エステなどで使われる紙ショーツ(ドラッグストアで購入可能です)を着用すると、より安心です。デリケートな部分だけに、十分な注意をもって正しく使ってくださいね。

除毛クリームは、顔に使っても良い?

除毛クリームを顔に使っても良い製品もあります。脱毛クリームによりますので、それぞれの製品説明を良く読んで正しく使ってくださいね。

顔とカラダの皮膚には、違いがあります。一番の違いは、皮膚の表面を覆っている“角質層”の厚さです。一番厚いのは、足のかかとです。

また、一番薄いのは、外陰部。それから、目の周りや頬などの顔も薄いです。ですので、手足はツルツルなのに、顔は肌荒れ。なんてことがあり得るのです。

ヒゲを除毛したい男性には?

002もし、男性でヒゲの処理をしたいのであれば、ヒゲは太いので“顔用”というよりは、“全身用”の除毛クリームの使用がおすすめです。

ムダ毛について悩んだり、気になりだすとつい無茶な使い方をしてしまいがちですが、ぜひ正しく安全な使い方で、自分を大事にしながら、無理のない方法で理想の美を追求しましょう。