毛が濃い原因はHB!?

毛が濃いと悩んでいる女性は以外にも多く、生まれつき人よりも毛が濃いように感じている場合や、思春期で脱毛に悩みを抱えている女子も多いのではないでしょうか。

もちろん遺伝によって、毛穴の数が多い場合もありますし、生活習慣から毛が生えやすい環境になっている場合もありますが、毛が濃いと感じている女性の大半は、「ホルモンバランス」との関係が大きく関わっているケースがほとんどなのです。

毛が濃い人は男性ホルモンが多い!?

2014-05-03_120549毛が濃い人と薄い人では、ホルモンのバランスによって個人差が生まれてきます。人間は「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の両方を持ち合わせており、男性ホルモンは体毛を、女性ホルモンは髪の毛を促進しています。

従って、毛が濃いと感じる女性の中には、男性ホルモンが多かったり、男性ホルモンに対する感受性が強いという事になります。また、男性ホルモンが過剰に分泌され過ぎてしまう事で、多毛症になってしまう場合もあり、腕、脚、胸、下腹部、口の周りなどの毛が濃く、固くなってしまいます。

基本的に多毛症の疑いがある場合は、卵巣や副腎などの疾患が原因で起こるケースも多く、医師の検査を受ける事をオススメします。

毛が濃いと感じるタイミング

毛が濃くなるタイミングとして、女性には、人生で3回ホルモンバランスが乱れるタイミングがあります。1度目は思春期の時期です。

2014-07-01_190455この時期は女の子から女性へと体が変化してくる為、男性ホルモンの分泌が活発になり、体毛も生え始め、毛が濃くなったように感じます。

逆にこの時、あまり毛が多く生えてこない場合や、毛が生えるのが遅いタイプの人は、男性ホルモンの分泌が少ないという事が分かります。

2度目は妊娠、出産の時期です。基本的に妊娠時は、女ホルモンが沢山分泌されるのですが、女性ホルモンの中にも様々な種類のホルモンがあり、2週間毎にエストロゲンとプロゲステンという女性ホルモンが急減や増加を繰り返します。

つまり、出産が終わるまでは激しくホルモンバランスが乱れるのです。そして3度目は更年期の時期です。

女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減少していくものではありますが、この更年期の時期になると大幅に減少してしまいます。

毛が濃い原因は食生活にあり

103 (1)毛が濃いという事は、ホルモンのメカニズムが関わっており、そして、ホルモンバランスには、食生活が大きく関わっています。

男性ホルモンの分泌を促す食べ物は、肉、魚、甲殻類、乳製品など…。女性ホルモンの分泌を促す食べ物は、玄米、野菜、大豆製品全般など…。

日頃の食生活が、男性ホルモンばかりを促している原因にはなっていませんか?また、塩分や添加物を摂り過ぎている人も、毛が濃くなってしまいます。

女性ホルモンの分泌を促す食生活に切り替える事で、毛が濃い原因が軽減されるかもしれません。

結論

毛が濃いと悩んでいる女性の中には、日頃のちょっとした心がけで改善されるケースも多くあります。

毛の処理だけでなく、そもそもの毛が濃い原因を、根本から改善する事に意識を向ける事も大切なのではないでしょうか。