カミソリを使用する場合

女性のムダ毛処理の中でも、カミソリを使って脱毛している人は最も多く、特にサロンに行くにはまだ早い、でもムダ毛は気になってしまう中高生は、お風呂でカミソリを使っている人が大半ではないでしょうか。

しかし、赤いプツプツや乾燥、痒み、ヒリヒリ、又は肌の黒ずみなど、カミソリでのムダ毛処理が原因で起こるトラブルも多々ある事が事実です。本来であれば、エステやクリニックへ行ったり、適正な年齢になるまではナチュラルな状態である事が大切なのですが、現実はそうも言っていられないですよね。

ですから、せめてカミソリでムダ毛処理を行う際には、十分な知識と正しい方法で、少しでも肌の負担を減らした方法を身に付けましょう。

カミソリの使用ポイント

2014-06-25_221805まず最初に気を付けるポイントとして、適切なカミソリで清潔に保たれているかという事です。最近では様々なカミソリが販売されていますから、部位や毛質、肌質によっても使い分けていくことが大切です。

同じ場所を何度も剃らない事を前提に、毛の太い部位でも1回で剃れるように、刃の枚数が多い物を使用する事も重要ですし、ジェルが付いているカミソリなど色々なタイプがありますから、より肌へ負担の少ないカミソリ選びも重要なポイントとなります。

そして良くありがちな事として、カミソリをお風呂へ置きっぱなしにしてはいませんか?お風呂で剃る事は悪くはないのですが、そのカミソリをお風呂に置いたままにしてしまうと、細菌が繁殖します。

暖かく湿気たままのカミソリは細菌が沢山あり、繁殖しやすい場所でもあります。そのままのカミソリでムダ毛処理をしたら…。カミソリは使い終わったらしっかり乾かして清潔な場所に保管しましょう。

また、刃が欠けていたり、錆びてしまった物は論外です。それほど高価な物でも無いですし、すっきり処分してしまいましょう。

そして実際にムダ毛処理をする時に気を付ける事として、肌の汚れを落とし、綺麗な状態で行う事も大切なポイントです。お風呂で行う際には毛穴がしっかり開いていますから、1度汚れをしっかり洗い流し、新たにボディーソープやシェービングフォームなどの泡で包み込んだ状態で行う事が理想的です。

正しい剃り方について

また、多くの人が間違っている事として、毛の流れに逆らって剃ってしまっていませんか?

これは逆剃りと言って、肌に大きなダメージを与えているのです。確かに逆剃りは深く剃れる事は分かりますが、同時に肌も剃ってしまっている事を覚えておきましょう。

111基本的には毛の流れに沿って優しく剃っていく事が大切ですし、黒ずみや色素沈着に悩んでいる人はこれが原因の場合が多いと言えます。また、何度も同じ場所を剃る事もタブーです。1度剃った場所は泡が無くなっていますから、そこを再び剃るという事は、直に肌を削っている事と同じなのです。

そして、ムダ毛処理が終了したら、十分な保湿を行う事も忘れてはいけません。どんなに慎重に処理をしていても、肌への負担はかかってしまうものです。

いつも以上に十分な保湿を心掛け、抑毛効果のあるローションなどを使うのもムダ毛処理のペースが減少されるので良いのではないでしょうか。